クレジットカードのキャッシングのデメリット

キャッシング機能がついているクレジットカードを、気づかずに使っている人は多いようです。キャッシングとは、現金融資を受けるために、クレジットカードを使うということです。クレジットカードをATMに挿入することで、キャッシング融資が利用できます。返済をする時には、一定の利息が加算されます。キャッシングにクレジットカードを利用するという方法は、頻繁に使う方もいるようですが、知っておきたいこともあります。クレジットカードは、あまりにも気軽に使えすぎるものといえます。本来であればキャッシングで現金を手にすることは借金と同じことです。余りに簡単にお金が出せるために、預金通帳に入っている自分のお金という感覚でキャッシングをする方もいます。キャッシングを繰り返し利用していると、新たなクレジットカードを発行してもらいたいという段階になって、審査で引っかかってしまう恐れがあるといいます。借りたお金を毎回返済していても、条件は変わりません。クレジットカードとは、商品決済時に使うものであり、キャッシングとしての使い方は元来のものではありませんので、キャッシングの多い客を、クレジットカード会社は歓迎していません。これがキャッシング会社なら、借りる都度きちんと返していれば信用度は上がるのですが、クレジットカードの場合は、そうとは言い切れないことは知っておきましょう。ついついクレジットカードのキャッシングを使ってしまいそうという人は、はじめからキャッシング枠をゼロにしておくのもおすすめです。