クレジットカードでのキャッシングと消費者金融の違い

キャッシングという用語と、消費者金融という用語は、同じことを指しているものなのでしょうか。消費者金融も、キャッシングも、お金を借りられるという面では同じですが、どのようにしてお金を借りるかや、返す時の方法などで、差があることがあります。消費者金融の返済方法は、いくつもある中から、自分の意思で選択することができます。指定した口座から、毎月一定金額を引き落とすという方法もあれば、提携ATMから、期日になると手払いでお金を振り込むという人もいます。一方、キャッシングをクレジットカードで行えば、カードの決済時に支払いが発生します。クレジットカードのキャッシングでは、ATMを介しての融資や返済を続けていると、借りたお金という感覚が薄れがちです。もともとは自分の現金ではないということを思い出して、借りたお金は必ず返すように自分に言い聞かせることが重要になります。消費者金融とキャッシングは、お金を借りるまでに要する日数が違います。消費者金融では、申込みから融資まで数時間で済むところもありますが、クレジットカードの場合は、カードが手元に届くまで申込みから数日を要することもあります。スピーディな融資を望む場合は、クレジットカードより消費者金融のほうがいいでしょう。貸付時の金利にはあまり差はありませんが、消費者金融の方が、申込みをしにくく感じる人もいます。キャッシングであれ、消費者金融であれ、自分のお金ではないことを自覚して、責任感を持って返済するように心がけましょう。