クレジットカードは還元率で選択してみる

クレジットカードを使って買い物をすると、還元率に応じてポイントが入るというサービスがあります。ポイントはクレジットカード間のやり取りはできませんが、支払いの割引に使ったり、商品との交換などもできます。近年では、クレジットカードを使ってある程度ポイントをためた上で、カードの支払いにあてたり、他社のポイントと交換したりもします。還元率のいいクレジットカードにすれば、カードを使えば使うほど、どんどんポイントが貯まります。クレジットカードの還元率は、クレジット会社を選択する時の一つの基準にされています。一般の顧客が使うクレジットカードのほか、ゴールド、プラチナ、ブラックという種類があり、サービスの質も違います。よく利用されているクレジットカードの場合、還元率は0.5%~2%程度に設定されていることが多いようです。ブラックカードは、ポイントの還元率が3%~6%と、とても高い数字になっています。クレジットカードのブラックは、年会費が5~10万円くらい請求されます。一報、多くの人が使うクレジットカードには年会費がかかりません。年会費で支払った金額を、ポイントを貯めて取り返そうと思っても、カードを使って高額決済をすることが多くないとポイントが入りません。あまりクレジットカードを利用しない人は、ブラックカードを持つ利点は無いので、ワンランク上のカードを持ちたいのならゴールドカードあたりが無難でしょう。クレジットカードを選ぶ時には、カードを使って決済をした時に入るポイントの還元率がいくらなのかや、使い勝手のいいポイントかどうかなどを含めて考えてみることが重要になります。